「ハンバーグから歯!」大手ファミレス“異物混入”訴訟の意外な決着

【衝撃事件の核心】

 大手食品メーカーの即席焼きそばに虫が入り込み、生産ラインが一時全面停止に追い込まれたことは、まだ記憶に新しい。近年ますます強まっている日本人の“安全・安心志向”もあり、食品への異物混入は、作る側には致命傷になりかねない。メーカーだけでなく外食産業もそれは同じ。だが、細心の注意を払っているはずの大手ファミレスチェーンで、トラブルは起きた。「ハンバーグから歯が出てきた!」。客の男性はそう訴え、ファミレス側に損害賠償を求めて大阪地裁に提訴した。実はこの歯、男性自身のインプラント(人工歯)。ハンバーグに石のような硬い物が混じっていて、それでかつて治療した人工歯が取れた、という主張だった。一方のファミレス側は混入を否定。全面対決となった訴訟の行方は-。

 「これは何だ」

 まずは裁判所が認定した事実をもとに、トラブルの経緯をたどってみる。

 約2年前、日曜のランチタイムのこと。大阪府内の大手ファミリーレストランの店舗で、注文したハンバーグとライスを食べていた男性が「ハンバーグから歯が出てきた。責任者を呼んでほしい」と訴えた。

 マネジャーが駆けつけると、男性は自分が吐きだした「歯のようなもの」と、血のついた紙ナプキンを見せ、こう迫った。「これは何だ、歯じゃないのか」

▼簡単登録の「プッシュ通知」始めました。詳しくはこちらへ

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ