【衝撃事件の核心】銀行員、芸人マネジャー、そして詐欺師に転身した男 資産家姉妹を食い物にした「ゲスな手口」とは

 銀行員からお笑い芸人のマネジャーに転身した男の最後の“転職先”は詐欺師だった。資産家姉妹を手玉に取り、姉から現金をだまし取ったとして、詐欺容疑で会社役員の男が逮捕された。男は別件の詐欺罪でも摘発されていたほか、口八丁手八丁で妹からも現金をだましとっていたとみられる。欲におぼれ続けた男の「ゲスな犯行」の全容とは-。

 ■「ビルを建てるから金を貸して」姉妹ターゲットに詐欺 「捕まえたかった」4年越しの捜査

 「いわゆる『悪い奴』。なんとかして捕まえたかった」

 事件摘発後、捜査関係者はそんな思いを明らかにした。

 警視庁に逮捕されたのは会社役員の近江正幸容疑者(74)。ターゲットにしたのは、東京都杉並区の高級住宅街に住む知人だった資産家の80代の姉妹だった。

 逮捕容疑は平成21年7月下旬~8月中旬、「ビルを建設したい」といって姉(89)に近づき、「新宿区内にビル建設を計画している」「地権者に立ち退いてもらうために2千万円が必要になるから貸してほしい」などと嘘をついて、現金2千万円をだまし取ったとしている。

 関係者によると、近江容疑者は当時、不動産会社を実質的に経営し、妹を社長に据えていた。ビルの建設計画自体はあったようだが、実際には立ち退き料は発生しておらず、全くのでたらめだったようだ。

 姉側は24年、警視庁杉並署に刑事告訴したが、今月、ようやく逮捕。4年越しの捜査だった。近江容疑者は「お金は借りただけ」などと供述し、容疑を否認しているという。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧