「オマエは近所の嫌われ者じゃ」ごみ投棄女、法廷で“不規則発言”連発…裁判長あきれ顔

 【衝撃事件の核心】

 隣り合う土地を所有する者同士の間で起きる「ご近所トラブル」は、ときに事件に発展することも少なくない。今春、近所の女性(74)の自宅前にごみを捨てたなどとして逮捕、起訴された神戸市の女(74)のケースは、その典型だ。女の場合、トラブルの種は、自宅と別の所有地との間に挟まれた近隣女性の土地だった。そこには女が捨てたとみられる約7トンものごみが積み上げられていたが、女は女性に「お前の方がうちの土地を取ったんじゃ」と強弁。兵庫県警が事件化したものの、このケースの起訴は見送られた。また、女の自宅は「ごみ屋敷」状態となり、再三、行政が指導した。だが、こちらも「ごみじゃない」と言い張られ、解決には至らなかった。各地で騒ぎを巻き起こすごみ屋敷問題の縮図といえそうだ。

 ■車いすで法廷に

 5月、神戸地裁での初公判。女は車いすに乗って法廷に姿を見せた。起訴されたのは、女性の自宅前にごみ袋を捨てたとする廃棄物処理法違反罪と、女性宅に侵入したとされる住居侵入罪、さらに昨年7月、路上で女性の左腕を中身の入ったペットボトル(2リットル)で1回たたいたとする暴行罪の3つだ。

 検察官は静かにそれぞれの起訴状を読み上げ始めたが、女はいちいち、「ペットボトルを握ったことはあるけど、たたいたことはない」「(被害女性は)近所のみんなに嫌われてます」などと声を張り上げ、裁判官が「ちょっと待ってください」と制止するほどだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ