“パンチラスポット”京都駅なぜ? 盗撮犯うじゃうじゃ…摘発は氷山の一角

【衝撃事件の核心】

 国際観光都市・京都の玄関口であるJRと近鉄の京都駅(京都市下京区)で、盗撮事件が多発している。

 今年以降、京都府迷惑行為防止条例違反容疑で摘発した盗撮件数は6月上旬までに18件に上り、すでに昨年1年間の摘発数の17件を超え、おおむね2倍のハイペースだ。背景にあるのは、京都府警鉄道警察隊による取り締まり強化。インターネットの検索サイトに「京都」「パンチラスポット」と打ち込むと、京都駅を挙げる悪質な書き込みもある。

 卑劣な犯罪の横行に危機感を募らせた鉄道警察隊は、駅構内で被害が頻発している場所に制服・私服の警察官を重点的に配置。大勢の人が行き交う中から盗撮犯の不審な動きをプロの目で見抜き、摘発を重ねているのだ。ただ、女性が被害に気付かないケースも多く、摘発は「氷山の一角」とされる。女性自身が警戒心を高める必要がある。

 鉄道警察隊員が目撃

 「達成感を味わいたかった」

 JR京都駅で女性のスカート内を盗撮したとして、迷惑行為防止条例違反(卑わいな行為)容疑で逮捕された会社員の男(46)はこう供述した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧