【衝撃事件の核心】飲んじゅうき?…高円寺のジャック・スパロウはなぜ死んだのか

 東京・高円寺の商店街をジョニー・デップ演じる海賊、ジャック・スパロウにそっくりの男がふらふらと歩いている。

 「あれ、海賊なのに船がないよ、どうしたの」

 通行人が声をかける。

 「難破しちゃった」

 そう当意即妙の受け答えで応じた男性。テレビ番組に出演したときの「高円寺のジャックスパロウ」こと堀川和夫さん(44)=東京都杉並区高円寺南=だ。

 堀川さんは7月7日午前3時10分ごろ、東京都杉並区阿佐谷南の青梅街道を横断中に、八王子方面から走ってきた乗用車にはねられ、約12時間後に死亡した。

 堀川さんが開設したブログ「高円寺ジャックスパロウ」には1月1日、「明けまして、おめでとう」と題して、こう記されている。

 「去年はフジテレビ、人生パイセン~の番組に2度ほど、出演させてもらいました~CXマイアミケータ!サンキュウでーす!

 今年はどんな年になるのかなあ!高円寺ジャックは相変わらず都内闊歩してるから!街で見かけたら!高円寺ジャック!って気さくに声かけて下さい。遭遇した時、酔っ払いの確率は高いが、それはキャプテン海賊のため大目にみてくれると有難いなーぁ!それじゃどこかで皆さん会いましょう!」

 ブログで本人が記しているとおり、酒を愛し、人を愛した。亡くなる直前は東京都港区六本木のイタリアンレストランで催された大手企業の役員の誕生会にジャック・スパロウの扮装で、出席していた。

 「1軒目からハイテンションでね。お酒を残った奴を飲み干してたなあ。2軒目は昔懐かしいディスコのマハラジャに行って、3軒目はすしざんまいに行ったんですよ」

 そう語るのはジャックこと堀川さんと直前まで一緒にいた司法書士の男性だ。

 「最後にその役員の方を含めて7人が残ってね。ジャックが7月7日に7人だ。すげ~って言って興奮していたのをよく覚えています。役員の方の家が練馬でね。方向が同じの4人がタクシーに乗ったんです。私が最初に降りて、所属事務所の社長さんが降りて、次にジャックが降りたようです」

 堀川さんはそのまま反対方向に横断したようだ。というのも、堀川さんが事故に遭った現場は、ものまねタレントが終日集まるので有名なバーがあり、そこへ向かったとみられるのだ。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧