死亡3歳児の殺害認めた養父「血縁のない親への偏見!」虐待否定から一転した真意

【衝撃事件の核心】

 堺市堺区のマンションで昨年6月、3歳の男児が救急搬送され、死亡する事件があり、大阪府警は今年7月、男児を自宅浴室に閉じ込めたとして、監禁容疑で養父の常峰渉(32)と実母の美香(23)の両容疑者を逮捕した。男児の体からは死後、30カ所以上のやけどや傷が見つかり、日常的な虐待を受けていた可能性が浮上したが、両容疑者は逮捕前の取材に「(男児には)自傷行為があった」と主張。「(渉容疑者と男児に)血がつながっていないから疑われるんや」と、育ての親への“偏見”まで持ち出して虐待を否定した。ところが、今月17日に殺人容疑で再逮捕されると、渉容疑者の供述は一転。「風呂場に沈めた。正直、邪魔な存在だった」と殺害への関与を認め、真相を語り始めた。

 未明に裸で救急搬送

 「風呂で子供がおぼれて息をしていない」

 昨年6月15日午前1時45分ごろ、美香容疑者の119番を受け、両容疑者の自宅マンションに救急隊が駆けつけた。

 裸のまま心肺停止の状態で搬送されたのは、長男の英智(えいち)ちゃん。搬送後に一時心拍を再開させたが、同月18日午後、わずか3歳2カ月の短い生涯を閉じた。

 大阪府警は消防から通報を受け、両容疑者が英智ちゃんの死亡にかかわった可能性があるとして捜査を開始。マンションを検証するとともに、英智ちゃんを司法解剖して死因を調べた。

 司法解剖の結果、死因は、窒息によって心臓が停止し、脳に酸素が回らなくなる「低酸素虚血性脳症」。両容疑者は「(英智ちゃんは)風呂でおぼれた」と説明したが、解剖結果との整合性から2人の説明に疑義が生じた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧