“光の凶器”高出力レーザーポインター、悪質ネット販売摘発も…「モグラ叩き」状態

【衝撃事件の核心】

 風船が割れるほどの威力を持ち、目に入れば失明の恐れもある〝光の凶器〟が堂々と売られていた。インターネット上で違法な高出力レーザーポインターを販売したとして、大阪、京都など全国7府県警が7月、消費生活用製品安全法違反容疑で10業者を一斉摘発、うち4人を逮捕した。販売品の中には、光線の熱で風船が割れるなど通常の数百倍の出力を有する違法品もあった。ただ、摘発しても次々と違法品が出回る「モグラ叩き」状態。全国の空港などでは航空機の操縦席に向けてレーザーが照射される事件も相次いでおり、警察当局は違法品が悪用されているとみて今後も取り締まりを続ける方針だ。

鳥撃退、猫のおもちゃ…

 「カラスや害鳥の退治」「飼い猫のおもちゃ」「たばこに点火」…。ネット上にあるレーザーポインターの販売サイトには、用途としてこんなうたい文句が並んでいる。

 元々、プレゼンテーションや教育現場で、図表やプロジェクターの映像などを指し示すのに使われるレーザーポインター。軽くて持ち運びやすく暗い場所でも使えるうえ、差し棒では届かない遠距離も指し示せる利点があり、用途は広がっているとされる。

 今回、違法業者が摘発されたきっかけの一つは、平成27年10月に伊丹空港で発生したレーザー照射事件だ。着陸しようとした全日空機のコックピットに緑色のレーザー光が照射されたのだ。万が一、パイロットの目に入れば失明の恐れもあったという。

▼簡単登録の「プッシュ通知」始めました。詳しくはこちらへ

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ