今ならお子さんを有名小学校に…裕福な親を狙った女が語った「でたらめ過ぎる」だましの手口

【衝撃事件の核心】

 子供をいい学校に入れたい-。子供を抱えた親が今も昔も抱える悩みだ。「何ならお金を払ってもいい」という“熱心な”親も絶えない。そんな親心につけ込んだ事件が摘発された。「子供を有名小学校に編入学させられる」といって現金をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は詐欺容疑でエステ経営者の女を逮捕した。詐取した額は実に約1億円。捜査関係者が「息を吐くように嘘を吐く」とあきれた女の口八丁手八丁とは-。

 ■「うちのパパはOB。推薦枠持っているから保証金を…」 悩む母親に甘いささやき

 「子供が志望していた小学校に落ちた。どうにか入れないか…」

 平成21年ごろ、東京都世田谷区に住み、会社役員も務める母親(49)は、22年春に迫っていた息子の小学校入学について悩んでいた。

 この小学校に入れば、難関として知られる付属の大学への進学は格段に楽になる-。悩んだ母親は、同様の話を周囲に相談し始めた。その話が、ある人物の耳に届くまで、そう時間はかからなかった。

 「入学も編入もお世話できる人がいる」。知人にそう言われた母親は、その「知人の知人」に望みを託して接触した。その人物こそ、今回詐欺容疑で逮捕された横浜市在住のエステ経営者、中野真紀容疑者(54)だった。

 普段から周囲に「編入学を世話できる」と吹聴していた中野容疑者は、相談してきた母親に、こうまくしたてたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧