AKB、嵐メンバーが「相談に乗って」で37万人がだまされた!サクラサイト詐欺事件に3年越し新展開

【衝撃事件の核心】

 37万人から116億円をだまし取った「サクラサイト」業者の摘発から3年。終結したかと思われた捜査には続きがあった。警視庁は9月、摘発されたサイト運営会社の上位組織とみられる、ソフトウエア開発会社の幹部を逮捕した。

 水面下で売り上げを吸い上げていたとみられている。こうした運営主体と母体を切り分ける悪質業者は少なくないが、関与を示す証拠集めは困難になることが一般的だ。今回も裏付け捜査に長い時間を要したが、捜査員らは手を緩めなかった。

 「糸たぐるよう」執念の捜査

 サイバー犯罪対策課が9月に詐欺容疑で逮捕したのは、ソフトウエア開発「フリーワールド」(東京)専務の男(38)。平成25年に摘発した、出会い系サイト運営会社「ウイングネット」(同)の上位組織とみられる。

 ウイングネットは、「AKB48」の元メンバー、前田敦子さんや、「嵐」のメンバーら芸能人を装ったサクラが、SNSを通じて「相談に乗って」などと持ちかけ、サイトに誘導。サイト内でのメッセージの送受信は1通ごとに有料だが、「連絡先を教える」などと期待を抱かせ、繰り返し利用させていた。ウイングネットは22サイトを運営し、22年2月~24年6月で116億円を売り上げたとされる。

▼簡単登録の「プッシュ通知」始めました。詳しくはこちらへ

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧