社員集団退職にヘッドスパ社長ブチ切れ 大きく食い違う言い分…激烈な法廷闘争

【衝撃事件の核心】

 「貴殿の突然の退職により甚大な損害を被ったので、損害賠償を求めます」。突然の通知に女性たちは仰天した。退職も何も、勤めたのはわずか12日間だったからだ。職場は大阪府内で新規オープンを予定していたヘッドスパサロン。しかし社員研修の内容に不安を覚えた4人が同時に退職したのだ。これに怒りを爆発させたのがサロンの社長。4人やその親に損害金の支払いを繰り返し要求し、最終的には一方的な集団退職で損害を被ったとして、計約160万円の支払いを求める訴訟を起こした。4人の側も「不当な賠償請求をされた」として店側を提訴、激烈な法廷闘争に発展している。

 退職時に「恐喝」?

 反訴したのは20~30代の女性4人。昨年3月、頭皮マッサージやヘアケアを行うおしゃれなヘッドスパサロンに契約社員として雇われた。同4月にオープンするサロンで施術や受付を担当する予定だった。

 サロンの運営会社は東京や神戸など全国に店舗を展開。ホームページによると、新たにオープンした大阪店は「極上のリラクゼーション」が「完全個室」で味わえる施設で、60分コースが約7千円、120分コースが約1万2千円などとなっている。スタッフ一人ひとりを写真付きで紹介したページもある。4人もこのページに笑顔でコメントを寄せるはずだった。

▼簡単登録の「プッシュ通知」始めました。詳しくはこちらへ

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧