「簡単に11億円抜く方法」54歳三井住友銀行元副支店長が実践した仰天手口とは…

【衝撃事件の核心】

 誰しも一度は考えたことがあるだろう。預金通帳の残高に「0」を加えられないか、と。銀行システムの穴を突き、それと大して違わない方法で実際に多額の現金をかすめ取っていた三井住友銀行の元行員の男が逮捕された。「事務処理のスペシャリスト」として知られた男が銀行から抜いたカネは実に約11億円。顧客の預金は、数字の操作によって愛人のマンションと子供の教育費に消えていった。

 「事務処理のスペシャリスト」が発見した「不正の種」

 きっかけは、行員の単なるミスだった。

 平成19年ごろ、当時、三井住友銀行成城支店のお客さまサービス課長だった男のもとに、行員から相談事が持ちかけられた。

 「外国為替取引で数字を間違えて入力してしまった。直してほしい」

 既に事務処理のスペシャリストとして知られていた男は、特別なコードを使ってシステムを為替の大暴落などに備えた非常用のモードに変え、数字を正常な数値に打ち直した。

 そして、気づいた。間違った数値を入力してもシステム上、何も齟齬が生じないことを。いわゆるプログラムの「バグ」だったのだが、これを悪用すれば不正に使えることを思いついたのだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧