金色で強力?偽バイアグラで巨利むさぼる密売集団 インクで着色、不衛生な粗悪品

【衝撃事件の核心】

 大阪市内の集合住宅の一室が“偽バイアグラ工場”と化していた。性的不能(ED)治療薬「バイアグラ」の模造品を販売目的で隠し持っていたとして、台湾人や韓国人ら男女3人の密売グループが10月、医薬品医療機器法違反(販売目的貯蔵)などの疑いで大阪府警に逮捕された。府警は複数の関係先から国内で過去最多級となる錠剤約30万錠を押収。中には「ゴールドバイアグラ」と称して金色にコーティングし、強力な効能をうたった錠剤もあった。グループは中国の密売組織から韓国経由で錠剤や容器などを品目ごとに輸入していたとみられ、それらを大阪で集約して拠点の“工場”で製品化。全国の密売人に売りさばいて巨利を得ていたようだ。日中韓3カ国にまたがる国際犯罪をうかがわせるが、全容は果たして解明できるのか。

 「ファイザー社」刻印も

 「韓国から偽バイアグラや容器、ラベルなどが、国際スピード郵便で府内に頻繁に送り付けられている」。昨年11月、大阪税関から府警に寄せられた情報が捜査の始まりだった。

 今年2月に逮捕された偽バイアグラの密売人の取り調べから、市内に「卸元」がいることが判明。内偵を続けていた府警は9月20日、同市西成区の集合住宅など4カ所を一斉に捜索したのだ。

 その結果、偽バイアグラなど6種類の錠剤計約30万錠を押収。容器やラベル、封をするための圧着機なども見つかった。

▼簡単登録の「プッシュ通知」始めました。詳しくはこちらへ

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧