「ごめん」ハンマーで実母ら撲殺 限界…おとなしい青年を凶行に走らせた家族の呪縛

【衝撃事件の核心】

 昨年夏、重さ約4キロのハンマーで実母=当時(59)=と実母の内縁の夫=同(54)=を殺害、遺体をキャリーケースで運び込んで隠匿した-。それぞれの殺人と死体遺棄の罪に問われた京都市左京区の無職、崔裕(ひろき)被告(31)の裁判員裁判の判決公判で、京都地裁は9月、懲役25年を言い渡した。判決は「強い殺意に基づく極めて危険なやり方」で犯行を実行したと厳しく指弾する一方、「酌むべき事情が少なからず認められる」として、検察側の求刑である懲役30年から量刑をやや減じた。その背景には、判決が「実母らとの関係で辛く厳しい状況に置かれ、多くの場面で実母らの意向に沿う行動を取らざるを得ない心理状態にあった」と指摘する複雑な家族関係があった。

 窓に大量のハエ

 昨年9月8日。駐車場管理会社の30代の男性従業員は異様な光景を目にした。

 「窓に大量のハエがいる」。京都市内のコインパーキングに止めてある軽乗用車の未払い料金を徴収しようと2階建て民家を訪れると、民家の窓にハエがたかっていたのだ。

 不審に思った従業員からの110番を受け、駆けつけた京都府警の捜査員が民家の中を確認すると、1階の風呂場付近で、タオルケットをかけられ一部が白骨化した女性の遺体を発見。リビングでは、ブルーシートに覆われたスーツケースの中からミイラ化した男性の遺体を見つけた。

▼簡単登録の「プッシュ通知」始めました。詳しくはこちらへ

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧