「おれの子じゃない」「性生活あった」 ドロドロ訴訟…父親は一体だれだ?

【衝撃事件の核心】

 ある日、自分の戸籍を見て驚愕した。知らない名前が自分の「長女」として記載されていたのだ。西日本在住の30代男性が、妻と別れたのは数カ月前。民法772条の嫡出推定により、離婚後に元妻が出産した女児が自らの子供とされていた。男性は「おれの子じゃない」と家裁に「嫡出否認」を申し立てた。長男の出産に立ち会ったときの“トラウマ”から、夫婦の性生活は絶えてなくなっていた、というのがその根拠だ。一方の元妻はある書面をたてに「エッチはしていた」と反論。「性生活の有無」が争点となる異例の展開となった。女児の父親は一体-。

 離婚後300日以内の子

 小林亮輔さん=仮名=が10年連れ添った妻の晃子さん=同=と離婚したのは平成26年末のこと。翌年の3月に自分の戸籍全部事項証明書を取得した際、約2カ月前に生まれたという「長女」の存在を知った。晃子さんからは何の連絡も受けていなかった。

 民法772条1項では「妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する」と規定。さらに同条2項は、離婚後300日以内に生まれた子供について「婚姻中に懐胎したものと推定する」としており、前夫の子という嫡出推定が働くことになる。このため、親子関係を法的に否定するには、嫡出否認の調停を家裁に申し立てる必要がある。

▼簡単登録の「プッシュ通知」始めました。詳しくはこちらへ

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧