「佐川男子」が恐れる「ゲシャキン」 駐車違反身代わり出頭のウラにある業界事情

【衝撃事件の核心】

 「“下車勤”(ゲシャキン)はまずい…」。取り調べを受けた多くの社員らが、その単語に嫌悪感をにじませていた。宅配便大手「佐川急便」東京営業所(江東区)の運転手が勤務中の駐車違反を隠すため、知人の男性を出頭させた事件。最近は「佐川男子」と呼ばれている配達員だが、警視庁の捜査で、身代わり出頭が営業所内で蔓延(まんえん)していたことが明らかになりつつある。わざわざ社内外の人物を巻き込んでまで事実を隠蔽(いんぺい)しようとした背景には、いったい何があったのだろうか。

 「まかり通る空気あった」

 交通捜査課が犯人隠避教唆などの容疑で逮捕したのは、同社の営業担当の係長2人を含む男6人。2人の逮捕容疑は平成26年11月と今年4月、部下の40代の男性運転手2人の駐車違反について、それぞれほかの容疑者らに身代わりを探すよう依頼し、ほかの容疑者らの知人を警察署に出頭させたとしている。

 係長は運転手が摘発されたことを申し出た際、「身代わりという手もあるよ」「身代わりを探しておく」などと伝え、隠蔽を主導していたとみられる。

 実際に係長が協力を仰いだのは、元社員の先輩や、当時の部下。さらにその先輩は自分の双子の弟に出頭を依頼。部下の方は、以前自分が身代わりを頼んだ社外の知人に頼み、知人はさらに自分の同僚に出頭させている。逮捕者以外を含めると、2人の身代わりに計9人が登場していた。

▼簡単登録の「プッシュ通知」始めました。詳しくはこちらへ

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧