オスプレイ不時着 名護市長、配備撤回要求 沖縄防衛局長に

 米軍普天間飛行場に所属するオスプレイの不時着事故を受け、沖縄県名護市の稲嶺進市長は14日、防衛省沖縄防衛局に中嶋浩一郎局長を訪ね、オスプレイの配備を直ちにやめるよう求めた。名護市辺野古での普天間代替施設の建設中止も申し入れた。

 稲嶺氏は「沖縄県民の抗議を受け入れず強行配備した結果の事故だ。日米両政府の責任は重大で、県民の人権を踏みにじる蛮行だ」と批判。辺野古移設については「オスプレイの配備も計画されている新基地が建設されれば、危険性はさらに拡大する」と訴えた。

 中嶋氏は「しっかり東京(の本省)に報告したい」と応じた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ