不発弾処理で見合わせの東海道新幹線が運転再開 午前中は遅延見込み

 JR東海は18日午前9時8分、浜松市中区の浜松工場で行われていた不発弾処理のため、運転を見合わせていた東海道新幹線浜松-豊橋間の運転を再開した。同日午後0時半ごろにかけ、東海道新幹線の上下計54本で最大約40分の遅れを見込まれる。東海道線も同時刻で部分運休していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧