世田谷一家殺害16年 それでも見えぬ犯人 変わりゆく捜査事情

 【衝撃事件の核心】 

 東京都世田谷区で平成12年12月、宮沢みきおさん=当時(44)=一家4人が殺害された事件は30日で発生から16年となった。今年になっても「事件直後、腕をけがした男が板橋区内の病院を受診していた。犯人ではないか」との情報も寄せられ、警視庁成城署捜査本部はそのたびに裏付けに走る。これまで捜査本部に寄せられた情報は約1万2700件。今年も約130件の情報が集まった。「今日こそ、明日こそ捕まえる。毎日そういう気持ちで捜査している」と、捜査幹部は意気込む。

■犯人はどこへ

 世田谷一家殺害事件は、八王子スーパー強盗殺人事件(平成7年)、柴又上智大生殺人放火事件(8年)と並び、警視庁の3大未解決事件と呼ばれている。

 当初からDNA型や血液、指紋など犯人に直結するものをいくつも採取していたことで、「犯人はすぐに捕まるだろう」(元捜査員)といわれてきた。

 しかし、発生から16年がたつ現在でも犯人の行方は知れない。捜査1課長以下37人態勢の捜査本部では、毎日のように小さな希望と落胆が繰り返されている。

 逃走した犯人と同じけがをしていたことで、有力情報だと思われた板橋区の男性は、古い診療記録を丹念に当たった結果、情報提供者の思い違いで、受診は事件直後ではなく、事件より半年前だったことが分かった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧