繰り返すウソの説明…京大卒エリートが超えた一線 講談社編集者、妻殺害の真相は…

【衝撃事件の核心】

 「なんでこんなことになったのか分からない」。別冊少年マガジンの創刊に携り、数々のヒット漫画を世に送り出した講談社(東京都文京区音羽)の編集次長、朴鐘顕(パク・チョンヒョン)容疑者(41)=韓国籍=は取調室で何を思っているのか。

 コミック部門のエースで将来の役員とも目されていたが、1月10日、妻に対する殺人容疑で警視庁捜査1課に逮捕された。背景には子育てをめぐる夫婦間トラブルがあったとみられている。警視庁の捜査に二転三転する説明を繰り返したエース編集者。4人の父親でもあったエリートが超えた一線はどこにあったのか。

 繰り返すウソの説明

 「妻が倒れた」。昨年8月9日午前2時50分ごろ、東京都文京区千駄木にある朴容疑者の自宅から119番通報が入った。救急隊員が駆けつけると、1階の階段下で妻の佳菜子さん=当時(38)=が心肺停止状態で倒れており、病院へ搬送後、死亡が確認された。

 現場には不審な点がいくつもあった。朴容疑者は「妻が階段から落ちた」と説明したが、転落した際についたとみられる佳菜子さんの額の傷は致命傷ではなく、司法解剖の結果、死因は頸部圧迫(けいぶあっぱく)による窒息死と判明。朴容疑者は「階段で妻が首をつって自殺した」と説明を一変させた。

▼簡単登録の「プッシュ通知」始めました。詳しくはこちらへ

次ページ育児ノイローゼによる自殺をほのめかした。しかし…

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ