警視庁昭島署に眠る謎の金属球体「X」 不発弾、毒ガス、ランタン? 正解は…

 【ウワサの現場】

 警視庁昭島署(東京都昭島市上川原町)に、旧日本陸軍の航空施設跡地から発見された爆弾のような金属球体3個が、長期間に渡って保管されている。同署は自衛隊に調査を依頼したものの回答は「詳細不明」。不発弾ではないというが、処分しようにも詳細が分からないため手がつけられず、「分かる人がいれば教えてほしい」とお手上げ状態となっている。(社会部 三宅令)

 ■内部に液体?

 謎の金属球体が発見されたのは平成27年11月17日。昭島市中神町の工事現場で、作業中の男性会社員が、地下3メートルに金属探知機の反応があることに気付いた。かつては軍の施設があった土地だったため、慎重に掘削したところ、土の中から詳細不明の金属球体3つが見つかった。

 見つかった球体のうち2つは直径約20センチ。表面に赤色の塗装がなされていたとみられるが、はがれて文字などは読み取れない。密封されており、中から「ちゃぷちゃぷ」とわずかに水音が聞こえるため、液体が入っていると推測される。

 残る1つは直径約15センチで、金属劣化のために外面が破れ内部がむき出しに。内部をのぞくと、アルコールランプの芯のような太い綱が上部の突起部分からつながっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ