「なんでこんなものを…」ごみ回収コンテナ大量盗難の謎 見えてこない犯人像

【衝撃事件の核心】

 世の中に収集癖をもつ人は少なくない。その対象は美術品や宝飾品といった高額なものから、本人以外には価値を計りがたいマニアックなものまでさまざまだ。だが、もしこれがコレクターの仕業だとすれば、相応の刑罰を覚悟せねばならない。兵庫県西宮市で昨年11月から、不燃ごみの回収に使われるプラスチック製コンテナが相次いで盗まれているのだ。その数、3カ月で200個超。転売しようにも買い手がつきそうもないコンテナを、逮捕のリスクを犯してまで集め続けるのはなぜなのか。物を集めることへの狂おしいまでの執着か、それとも“暗い情念”に基づく嫌がらせか…。

 警戒強化も続く犯行

 「なんでこんなものを持っていくんやろ」

 西宮市内のマンションで暮らす女性(48)は首をかしげる。いつもごみを出しているマンションのごみ置き場からコンテナが盗まれた理由が、いくら考えても思いつかない。「こんなもの、どこに持っていっても売れへんでしょ? 盗む意味が分からないだけに気持ち悪いわ」

 市によると、コンテナは水色の折りたたみ式で、幅65センチ、奥行き44センチ、高さ33センチ。市民に約2万1300個が貸し出され、約1万5千カ所のごみ置き場で週1回の瓶や缶などの不燃ごみ、月2回のペットボトルの回収に使われている。回収日の朝に組み立ててごみ置き場に置き、住民はそこにごみを入れておく。ごみが回収された後は折りたたんで片付ける仕組みだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧