鉄パイプで義兄殴り死なせる 殺人未遂容疑で56歳男逮捕

 鹿児島県警奄美署は20日、義兄の頭を鉄パイプで殴り殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いで奄美市笠利町須野、自称農業、塩田末一容疑者(56)を逮捕した。義兄の無職、貴島武義さん(69)は搬送先の病院で死亡が確認された。署は2人の間に何らかのトラブルがあったとみて、容疑を殺人に切り替えて詳しい動機を調べる。

 逮捕容疑は19日午後2時ごろ、貴島さん宅で、貴島さんの頭を鉄パイプで数回殴って殺害しようとした疑い。

 匿名の通報を受けた消防署員が貴島さん宅に駆け付け、頭から血を流して倒れている貴島さんを発見。奄美署員の聞き込みで2人の間に普段からトラブルがあったことが分かり、塩田容疑者に事情を聴いたところ容疑を認めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ