豪華寝台列車「四季島」が立ち往生 試運転中、栃木で

 20日午後2時ごろ、JR東日本が5月から運行予定の豪華寝台列車「トランスイート四季島」(10両編成)が、試運転中に故障し栃木県日光市の線路上で立ち往生した。

 JR東日本大宮支社によると、運転台のモニターに故障表示が出たため、運転士が一時停車。異常が見つからなかったため運転を再開したが、午後3時50分ごろ線路上で動けなくなった。

 エンジン系統に何らかのトラブルが生じたとみられ、JR東が詳しい原因を調べている。午後8時20分ごろ、トラブルを復旧させて都内の車両センターへ向け出発した。この日は上野駅から北海道に向けて運行する予定だった。

 JR日光線は約4時間運転を見合わせ、上下線12本が運休するなど、約2千人に影響が出た。

 「四季島」は5月から北海道や東北、甲信越などを巡るコースを走る予定で、乗車券は11月分まで完売しているという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧