豊洲問題 移転めぐる住民訴訟 原告側が石原慎太郎氏や浜渦武生氏を証人申請

 豊洲市場(東京都江東区)の移転問題をめぐり、「汚染された土地を不当な高額で購入した」として、都民約40人が石原慎太郎元知事を相手取り、都に約578億円を返還するよう求めた住民訴訟で、原告側は11日、石原氏や岡田至元市場長、浜渦武生元副知事らを証人として呼ぶよう東京地裁に申請した。

 原告側によると、ほかに証人申請したのは、前川燿男(あきお)元知事本局長▽赤星経昭元政策報道室理事▽野村寛元政策報道室首都機能調査担当部長-ら。原告側は「都議会百条委員会でも、汚染された土地を都が高額で購入し、汚染除去費用を都が負担することになった経緯は十分解明されていない。法廷で明らかにすべきだ」としている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧