津波かぶった資料、電子化して大槌町に寄贈 山梨のNPO

 東日本大震災の津波をかぶった岩手県大槌町の郷土資料を山梨県笛吹市のNPO法人が電子データ化し、18日、データが入ったDVDを町に寄贈した。町議会議事録など約1万5千ページ分を文字や画像として取り込み、検索もできるようにした。

 法人は「地域資料デジタル化研究会」。平成23年7月に町を訪れ、小学校の卒業文集など水浸しになった資料を回収。都留文科大(山梨県都留市)と協力して洗浄や修復を進め、約5年半かけて電子データ化した。

 この日、満開の桜が咲く大槌町の納骨堂前などで催された被災者の七回忌法要に参列した後、図書館関係者にDVDを手渡した。研究会の小林是綱理事長(72)は「地域の歴史や思い出が詰まった重要な資料。復興のエネルギーになればうれしい」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧