8年半前の東村山女性殺害、容疑で隣室の女を逮捕

 東京都東村山市の都営アパートで平成20年10月、無職の手島公子さん=当時(73)=が殺害された事件で、警視庁東村山署捜査本部は21日、殺人容疑で、現場となった部屋の隣室に住む無職の女(59)を逮捕した。「誰でもよかった」などと話し、容疑を認めている。女は精神的に不安定なため、責任能力の有無についても調べる。

 逮捕容疑は20年10月8日午前7時半ごろ~午後3時ごろ、東村山市本町のアパートの一室で手島さんの首や胸を刺し、失血死させたとしている。

 昨年6月に捜査本部が手島さんの爪の付着物のDNA型を鑑定したところ、女のものと一致。今月に入り、女から事情聴取したところ、20日になって犯行を認める供述を始めた。手島さんと面識はなかったといい、「誰でもいいから殺したかった。自宅にあったナイフで刺した」などと話しているという。警視庁は女の持っていたナイフを鑑定して裏付けを進める。

 手島さんは20年10月8日午後3時ごろ、孫の面倒をみるために訪れていた長男方の台所で、首や胸から血を流して倒れているのが見つかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ