白衣の下に牛刀…日本医科大生が医師を刺した白昼の戦慄 狂気に走らせたのは「女性トラブル」

【衝撃事件の核心】

 東京医科歯科大歯学部付属病院(東京都文京区)で、歯科医師の首や腹を刃物で刺したとして、殺人未遂の疑いで、日本医科大医学部4年の渡辺祐介容疑者(30)が現行犯逮捕された。現役の医大生が病院内で刃物を振り回した凶行の裏側には、いったい何があったのか。

 ■白い巨塔に響いた怒号

 「てめえ、何してくれてんだよ!」。男の怒号とともに、女性の悲鳴や診察台が倒れるもみ合いの音が病院の静寂を切り裂く。人命を救う医師を目指すはずの医大生が手にしたのは、メスではなく刃渡り約21センチの牛刀やナイフ。白衣の下に刃物を隠し、外来患者で混み合うフロアを抜けて処置室に入ると、いきなり勤務中の男性歯科医師(41)に切りかかった-。

 事件が起きたのは午前10時半ごろ。診察に訪れていた墨田区の女性(39)は、「先生が刺された!」という職員の叫び声で身体が凍り付いた。診察や治療はストップし、職員たちがフロアを慌ただしく駆け回る。外来患者への詳しい説明はなく、「急病人が出たのでしばらくお待ちください」とアナウンスが流れたのみだった。

 渡辺容疑者は間もなく処置室にいた他の医師らに取り押さえられ、病院職員が「医師が刃物で刺された」と110番通報。駆けつけた警視庁本富士署員が殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。首や腹を刺された歯科医師は担架で運ばれており、目撃した女性は「顔にガーゼが貼ってあって痛々しかった」と証言。歯科医師は3週間の重傷を負ったが、命に別条はなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧