サイバー攻撃 日立総合病院でメール不具合

 世界各地で大規模なサイバー攻撃の被害が報告される中、社内システムが攻撃を受けた大手電機メーカーの日立製作所が運営する「日立総合病院」(日立市城南町)でも、メールの送受信などに障害が生じていたことが15日、病院への取材で分かった。

 病院によると、13日から職員のメールが送受信できなくなったり、添付ファイルの閲覧ができなくなったりするなどのトラブルが続いている。ただ、診察業務に支障は生じていないという。15日も障害は続いており、病院は復旧作業を急いでいる。

 データを暗号化して読めなくし、復旧に必要として金銭を要求する「ランサムウエア」(身代金要求型ウイルス)による被害が世界各地で起きており、同病院総務グループの三浦正浩主任は「本社(日立製作所)の技術者などが確認している」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ