サイバー攻撃 特徴は自動感染機能 業務装い偽メール、巧妙化…実名会社名乗る

 国内でも被害が次々と明らかになった「ランサムウエア(身代金要求型ウイルス)」によるサイバー攻撃は、会社や組織のネットワーク内で自動的にウイルス感染が拡大したのが特徴だ。現時点で詳しい感染経路は不明だが、偽メールのウイルス付き添付ファイルを開かないなど、さまざまな対策が求められる。ただ、最近はハッカー側も偽メールを業務関連の内容に装うなど手口を“工夫”しており、注意が必要だ。

 使用されたランサムウエア「Wanna Cry(ワナ・クライ)」には、ネットワーク内で自己増殖するワーム機能が搭載され、爆発的な被害拡大の要因となった。

 ネットセキュリティー会社「トレンドマイクロ」(東京)は「ワーム機能を備えたランサムウエアは珍しい」と警戒を強める。

 同社によると、ランサムウエアの感染経路は、偽メールの添付ファイルやリンクを開いて感染するパターンと、ウイルスが仕込まれた偽サイトを閲覧するパターンがある。だが、同社やネットセキュリティー会社「シマンテック」(東京)は「まだ感染経路は分からない」と口をそろえる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧