陸自機墜落で遺留品捜索 北海道警

 陸上自衛隊北部方面航空隊(札幌市)のLR2連絡偵察機が北海道北斗市の山中に墜落し、乗員4人が死亡した事故で道警は17日、墜落現場周辺で遺留品を捜索した。

 防衛省によると、LR2は緊急輸送が必要な患者を函館空港で収容するため、15日午前に札幌市の丘珠空港を離陸。函館空港の西約33キロで、航空自衛隊のレーダーから機影が消えた。16日に大破した機体と乗員4人が見つかり、全員の死亡が確認された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧