生きたバッタに飼い犬の…「悪質いじめ」少年が幼なじみに食べさせた屈辱の数々 

 【衝撃事件の核心】

 生きたバッタにセミの死骸、揚げ句の果ては飼い犬の糞(ふん)まで-。小学校からの幼なじみに無理やり食べさせたのは、いじめの範疇(はんちゅう)をはるかに超えるものだった。5月15日、強要容疑で警視庁少年事件課に逮捕されたのは、東京都練馬区に住む通信制私立高校1年の少年。少年は中学生時代、4~5人の同学年の男子生徒に顔を殴るなどの暴力を振るい、次々と無理難題をふっかけていた。

不登校になった生徒も

 「自分はカッとなると手が出てしまう。(生徒たちは)自分にびびっていることが分かっていたので、何でも気づいたことをやらせていた」

 警察の調べに対し、少年は悪びれずにそう答えたという。

 身長は180センチ台と大柄で、練馬区内の区立中学2年生だったころから、単独で同学年の男子生徒をいじめの標的にするように。被害を受けた生徒たちは、一様に「仕返しが怖かった」と口をそろえる。

 中には不登校になってしまった生徒もおり、練馬区教育委員会の担当者も「いじめと言うより暴行だ」と驚きを隠さない。

「これ食ってみろ」

 いじめは暴力だけにとどまらなかった。昨年9月9日には、学校行事の帰りに西東京市の西武新宿線東伏見駅のホームで、幼なじみのA君に対し「虫食べられるんだよな。おい、そのバッタ食べてみろよ」と強要。A君は生きたバッタを口に入れたが、バッタが暴れたため吐きだしてしまった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ