北ア小型機墜落 救難信号受信されず 墜落機の無線機不作動か

 富山県の北アルプス山中に小型機が墜落し搭乗の4人が死亡した事故で、機体に搭載された航空機用救命無線機(ELT)による救難信号が受信されなかったことが6日、国土交通省への取材で分かった。ELTが作動せず、発信されなかった可能性がある。

 国交省によると、ELTは機体に強い衝撃が加わった場合などに救難信号を自動的に発信、海上保安庁のシステムが受信し国交省が位置などを解析する装置。航空機への搭載が義務付けられており、新中央航空によると、小型機では後部座席の後ろに設置されていたが、墜落後もシステムは受信しなかった。

 運輸安全委員会の航空事故調査官は6日、目的地だった長野県の松本空港や事故機を所有する新中央航空(茨城県龍ケ崎市)松本運航所の関係者らから事情を聴くため同空港を訪れた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ