「日本最大級の食フェス」は詐欺だった! 出店者が食い物にされた“グルメンピック”

 【衝撃事件の核心】

 休日ともなれば各地の公園や施設で、食のイベントが毎週のように開催される昨今の「食ブーム」。次々と新しいイベントが企画される中、東京と大阪を会場に「日本最大級の食フェス」をうたったイベント「グルメンピック」は、出店料と飲食業者の期待だけを集め、開催されることなく雲散霧消した。運営会社の関係者が警視庁に逮捕される事態に発展した前代未聞の“イベント出店詐欺”。容疑者らは「料理」でなく「グルメ業者」を食い物にしていた。

■突然の延期…集めた1億3千万円返金されず

 「グルメンピック」の開催を控え、参加予定の飲食業者たちは期待に胸を膨らませていた。1人でも多くの人に自分の商品や料理、店を知ってもらえる-。本業とは別で進めなければならない準備も苦にならなかった。

 そんな中、開催を翌月に控えた平成29年1月、グルメンピックの運営会社「大東物産」(東京都中野区)から送られてきた1通の文書が、事態を急変させた。

 「事前説明会及び開催日程延期のお知らせ」と書かれたその文書には、設備リースや会場の設営がうまくいっていないとして、「最短で8月末、遅くても9月下旬でのイベント実施を予定しております」とされていた。

 驚いた業者が大東物産や営業マンに状況を確認しようとしても満足な対応がないまま、大東物産は2月20日に経営破綻。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ