外国人2留学生、大麻・麻薬密輸 近畿麻取、容疑で逮捕

 海外から大麻草や麻薬を密輸したなどとして、近畿厚生局麻薬取締部は19日、大麻取締法違反などの疑いで京都産業大2年、王衛清容疑者(23)=中国籍、京都市北区=と、麻薬取締法違反の疑いで立命館大3年、アレクセイ・ショーマホフ容疑者(21)=ロシア国籍、同=の留学生2人を逮捕したと発表した。大阪地検は今月16日、2人を起訴している。

 同取締部によると、王被告は5月18日、国際郵便を利用して大麻草10・6グラムを別の植物に交ぜて密輸した疑いが持たれている。

 ショーマホフ被告は同22日、別の麻薬の密輸容疑(起訴猶予)で同取締部の取り調べを受けた際、違法幻覚剤「LSD」をしみ込ませた紙片約0・2グラムを口の中に隠し持った疑いがあるという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧