マクドナルドに不具合 コンピューターウィルスに感染、電子マネー使えず

 日本マクドナルドは19日、販売管理などに使われる店舗のシステムが、コンピューターウイルスに感染したと発表した。全国約2900店全てで、一部の電子マネーやポイントサービスが利用できなくなる不具合が発生し、復旧の見通しは立たないという。店舗の営業は続けている。

 15日夜にシステムの交換作業を実施したところ、翌16日に不具合が発生したという。一部の店舗で注文が受けられず、NTTドコモの「dポイント」、楽天の「楽天スーパーポイント」が利用できなくなった。電子マネー「WAON」「iD」も使えない。

 当初はシステム障害の可能性が疑われたが、調査の結果、ウイルスが確認された。広報担当者は「現在のところ個人情報の流出は確認していない」と説明している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧