また新名神建設現場で…死亡作業員の身元、48歳会社員と判明

 大阪府箕面市下止々呂美(しもとどろみ)の新名神高速道路の建設現場で19日午後、重さ約800キロの鉄板が荷降ろし中に落下した事故で、鉄板の下敷きになって死亡した作業員は、同府高石市東羽衣の会社員、中村健二さん(48)と判明した。大阪府警箕面署は、業務上過失致死容疑も視野に事故原因を詳しく調べている。

 現場は工事中のトンネルの東側。箕面署や西日本高速道路関西支社などによると、トラックの荷台から鉄板をクレーンで降ろす作業をしていた午後0時10分ごろ、荷台付きクレーン車で鉄板をつり上げ路面に敷き詰めようとした際、アーム先端部のフックから鉄板が外れたという。中村さんは路面をならす作業をしていたとみられる。

 西日本高速道路関西支社の幹部は「なぜか分からない。鉄板が落下した原因も含め、今後調査する」と話した。

 新名神高速の建設工事をめぐっては昨年4月、神戸市北区の現場で長さ約120メートルの橋桁が落下し、作業員2人が死亡、8人が重軽傷を負った。翌5月には今回の現場近くで橋桁を支える仮の橋脚が倒壊。同10月には兵庫県猪名川町でも作業員1人が転落死した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧