「プロ意識が低い」派遣された女性に激高…馬乗りで暴力、料金26万奪う 都立高教諭の怒りの沸点

佐藤容疑者が初めてデリバリーヘルスを利用したのは、東京・池袋の繁華街だった(写真と本文は関係ありません)

佐藤容疑者が初めてデリバリーヘルスを利用したのは、東京・池袋の繁華街だった(写真と本文は関係ありません)

【衝撃事件の核心】

 50歳を過ぎて初体験した風俗に、過度な期待を抱いてしまったのか-。派遣型風俗店(デリバリーヘルス)に勤務する40代の外国人女性を殴り、支払った料金を奪って逃げたとして強盗致傷容疑で、高校教諭の男(52)が警視庁池袋署に逮捕された。

 「風俗遊びは初めてだった」という男が指名したのは、240分6万4千円の長時間コース。延長料や小遣いとして女性に渡した現金は計約26万円と破格の太客っぷりだったが、逮捕後の調べに「プロ意識の低さに腹が立った」と話しているという。

 現金を大盤振る舞い

 逮捕されたのは東京都立中野工業高校教諭の佐藤稔之容疑者(52)=東村山市青葉町。事件が起きたのは、新学期が始まったばかりの4月16日だった。

 勤務先の都立中野工業高校によると、佐藤容疑者は定時制工業科で旋盤加工などの機械製作を指導していたが、2年前から体調不良を理由に休職中。日曜日だったこの日、佐藤容疑者は240分6万4千円のデリヘルのコースを予約し、豊島区内のビジネスホテルの一室でその時を心待ちにしていた。

次ページお相手となった40代の外国人女性は、派遣型風俗店とは…

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ