美形研修医、大きすぎた“暴走”の代償 被害男性と示談成立…乱れ飛ぶ憶測

【衝撃事件の核心】

 エリート街道をひた走ってきたはずの女性研修医に何が起きたのか。大阪市内の病院のトイレに知人男性を中傷する張り紙を貼ってまわったとして、大阪府警は6月上旬、名誉毀損(きそん)の疑いで、奈良県内に住む女性研修医(25)を逮捕した。後に示談が成立して不起訴となったものの、出演を予定していたNHKの番組は放送中止となり、インターネット上に女性研修医の顔写真や経歴が拡散。ネット掲示板には今回の事件のみならず、プライベートについてもさまざまな憶測が飛ぶなど、計り知れない影響があった。女性研修医は釈放後、自宅で謹慎し、憔悴(しょうすい)しきっているという。彼女の“暴走”がもたらした代償はあまりにも大きかった。

 ビラに「存在価値ない」

 5月30日、大阪市内の病院内の複数の女子トイレに、A4判の用紙が貼り付けられていたのを病院関係者が見つけた。

 「○○○(20歳代の男性の実名)は最低最悪の人間です。存在価値がありません。」

 すぐに病院関係者が実名を挙げられた男性に連絡。その日のうちに男性は警察署に駆け込んだ。男性は「紙を見て怖くなった」として被害届を提出。府警は名誉毀損容疑で捜査を始めた。

 防犯カメラの映像などから、奈良県内の公立病院に勤めていた女性研修医が浮上。被害男性の知人だった。女性研修医は6月4日、名誉毀損容疑で逮捕された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ