九州豪雨で10人安否不明 福岡・大分に特別警報 河川氾濫、避難指示

 活発な前線の影響で5日、中国地方から九州北部にかけて大雨が降った。気象庁は数十年に1度の災害の危険があるとして、午後6時前から順次、福岡、大分の2県31市町村に大雨特別警報を出した。河川が氾濫するなどし2県で少なくとも10人と連絡が取れなくなり、午後11時現在、計約18万世帯の約43万人に避難指示が出された。島根県西部の4市町でも約5時間半、特別警報を発令。広島県で川に流されたとみられる1人の遺体がみつかった。

 福岡県朝倉市では5日深夜までの24時間雨量が観測史上最大の515ミリ超となり、全域の計約2万1千世帯、約5万4千人に避難指示が出た。市や県によると、川沿いにいた70代男性が行方不明になり、他に少なくとも5人が川に流されるなどしたとの情報がある。パトロール中の県職員3人も連絡が取れなくなった。同県久留米市も全域の30万人超に避難を指示した。

 気象庁は、狭い範囲で長時間雨が降る「線状降水帯」が2度形成されたことが、午前の島根と午後の九州での大雨の要因になったとした。気象庁によると、台風3号が湿った空気をもたらした上、梅雨前線が北側の高気圧に押され南下。そこへ太平洋高気圧の縁を回るように暖かく湿った風が流れ込んだために線状降水帯が形成された。線状降水帯では積乱雲が連続発生し、数時間にわたり大雨を降らせる。平成26年の広島土砂災害や27年の東日本豪雨でも発生した。

 安倍晋三首相は5日、関係省庁に早急な被害情報把握などを指示。政府によると、6日午前5時から警察、消防、自衛隊の計6千人規模で救助にあたる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ