九州豪雨 大陸側と太平洋の高気圧拮抗し前線停滞、湿った空気流入「線状降水帯」を形成

 福岡、大分両県で5日、記録的大雨を降らせる要因となった「線状降水帯」は、福岡、佐賀県境に位置する「脊振(せふり)山地」の地形的な影響を受け、山地東側の福岡県朝倉市上空で風が集束したことで形成されたとみられることが6日、気象庁への取材で分かった。

 同庁によると5日午後、梅雨前線の南下に伴い、太平洋高気圧の縁を回った暖かく湿った風が有明海を通り、南西方向から朝倉市付近へ流れ込んだ。一方で当時、脊振山地の北側では北西方向から乾いた風が一定の強さで吹いていた。

 双方の風が脊振山地の東側でぶつかり、暖かく湿った風は次々と上昇気流に乗って積乱雲に発達。湿った風が分散することなく一定の場所で上昇し続けたことで積乱雲が次々と発達し、列のように並ぶ線状降水帯が形成されたという。

 発達した積乱雲は上空の偏西風により、風下側の大分県方面へ次々と流れていった。こうして同県と隣接する朝倉市の上空では、5日正午ごろには線状降水帯が出現したとみられる。

 当時、九州周辺では風の集束点が比較的明瞭だったという。気象庁の担当者は「暖かく湿った風が集中し、積乱雲を継続発生させることはあるが、何がきっかけになるかは事前に予測するのが難しい」と話している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧