バカラ賭博の「負け客勧誘で報酬」…勝ったら「損失補填」新手詐欺のワナ

 【衝撃事件の核心】

 警視庁の捜査で新手の詐欺集団が摘発された。詐欺の疑いで逮捕された男らは、バカラ賭博による損失補填(ほてん)を名目に金品をだまし取るというこれまでにない手口で犯行を重ねていた。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で“獲物”を物色。バカラ台などの舞台装置を用意した上で、ディーラーや客などさまざまな役柄を演じて被害者から金品を巻き上げていた。

■「損失補填」と偽る詐欺。相次ぐ被害の総額は1200万円

 「男たちは被害者を信じ込ませるためにさまざまな仕掛けを用意していた。実に手の込んだ詐欺だ」

 捜査幹部は、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊が摘発した事件についてこう振り返る。

 詐欺容疑で逮捕されたのはいずれも無職の31歳から36歳の男ら4人。

 4人は昨年9月、バカラ賭博の損失補填と偽って、都内に住むアルバイトの男性(27)から現金とスマートフォンなど50万円相当の金品をだまし取った疑いがあるという。

 すでに別の複数の被害者への詐欺容疑でも逮捕・起訴されており、逮捕は4回目。平成27年3月から昨年11月までに都内や神奈川県内で同様の被害が続発しており、「関与が疑われる被害は約10件、被害総額は計1200万円に上る」(捜査関係者)という。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ