九州北部で大雨 災害医療DMAT9チーム派遣、3千戸断水のまま

 九州北部の記録的大雨で、厚生労働省は7日、福岡県に「災害派遣医療チーム」(DMAT)9隊を派遣したことを明らかにした。病院での支援のほか、治療の必要がある住民を病院へ搬送する活動に従事している。

 厚労省によると、福岡、大分両県の医療施設約200カ所に大きな被害は確認されていない。医薬品や医療機器などの安定供給にも支障がないという。

 また7日午前7時現在、福岡県朝倉市の約1600戸を中心に、福岡、大分、熊本の3県で約3千戸が断水している。朝倉市には給水車3台を派遣、大分県日田市にも自衛隊の給水車を含む5台が対応している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ