2つの高気圧で前線停滞 西日本大雨に注意、東日本は週明けまで晴天続く

 福岡、大分両県で5日に発生した記録的な大雨は、日本海側と太平洋側の2つの高気圧に挟まれて停滞した梅雨前線に、暖かく湿った風が吹き込んだことで発生した。

 7日朝には日本海側の高気圧が弱まり、前線がやや北上。関東以東では週明けまで晴れ間が続くが、前線のかかる西日本では大雨に警戒が必要だ。

 気象庁によると、列島周辺は5日、勢力を増した日本海側の高気圧により前線が南下。九州北部付近で、同様に勢力を増した太平洋高気圧との間に挟まれて停滞した。そこへ暖かく湿った風が太平洋高気圧の縁を回って流れ込み、前線とぶつかることで積乱雲が列のように連なる「線状降水帯」が形成され、大雨となった。

 さらに、東シナ海の海面水温が7月から平年より1、2度高い状態になったため大気中の水蒸気量が増え、積乱雲の発達が促された可能性があるという。

 2つの高気圧は勢力が拮抗(きっこう)したまま前線は停滞。九州北部では6日も雨が続いたが、7日朝に日本海側の高気圧が弱まり東側へ移動したことで、前線は近畿付近まで北上している。

 気象庁の予報では、前線はしばらく停滞し、今後も暖かく湿った風は流れ込み続ける。

 西日本では大雨が降る恐れがある一方、関東より東は高気圧に覆われ、東京は最高気温30度以上の真夏日が続きそうだ。

 同庁の松本積主任予報官は「暖かく湿った風に上昇気流が組み合わさると積乱雲が発達する。前線に近い地域では大雨に注意が必要」としている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧