森友学園問題「開成幼稚園」の補助金不正受給疑惑も刑事告訴へ 大阪府知事

 学校法人森友学園(大阪市淀川区)の籠池(かごいけ)泰典前理事長が理事長を務める別の学校法人が運営する幼稚園が補助金を不正受給した疑いがあるとして、大阪府が調査している問題で、松井一郎知事は12日の定例記者会見で「府の調査では限界が来ている」と述べ、刑事告訴する方向で検討していることを明らかにした。

 不正受給の疑いがあるのは、同市住之江区の「開成幼稚園」。籠池氏が理事長の学校法人「籠池学園」が運営していたが、平成26年度から休園している。

 府は23~25年度、専任で勤務する教職員の人数に応じて支給する経常費補助金として約6500万円を支給したが、府の調査で系列の保育園の職員を兼任していた教職員がいることが判明。府は少なくとも約700万円が不正受給にあたるとみている。

 松井知事は学園が運営する「塚本幼稚園」が補助金約6200万円を不正受給していたとして、籠池氏を詐欺罪で大阪地検特捜部に告訴したことを例に挙げ、「同じような対応になる」との考えを示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧