“ブラックボックス病院”立場を悪用、予算でやりたい放題 権勢振るった男の末路

【衝撃事件の核心】

 公立病院で長年にわたり権勢を振るった男の末路は意外にもあっけなかった。大阪府東大阪市立総合病院(現・市立東大阪医療センター)の庭園整備工事で便宜を図る見返りに、病院の出入り業者から現金50万円を受け取ったとして、5月末に収賄容疑で逮捕され、その後起訴された前病院事務局長。実家は裕福な資産家として知られていたが、自ら所有する倉庫を月額数十万円で病院にまた貸しする“サイドビジネス”にも手を染めるなど、立場を悪用して病院予算でやりたい放題の限りを尽くしていたようだ。別の業者からは旅行券などを複数回にわたって受け取っていた疑いも判明している。およそ「資産家」とはかけ離れたカネへの執着にはあきれるしかない。

 頓挫…50万円“取られ損”

 「庭の管理は“築山(つきやま)マター”だった」

 ある病院幹部は、病院の事務方トップだった築山秀次(しゅうじ)被告(59)が持っていた権力をこう表現する。

 事件の舞台となったのは、病院1階ロビーの庭園改修工事。人工樹木の「ハワイアンフィカス」を配置するなど庭園を南国風に造り替える計画だった。

 起訴状などによると、築山被告は昨年4月ごろ、出入り業者だった同市内の造園工事会社「ホソカワストーンズ」社長、細川鉄夫被告(68)=贈賄罪で起訴=に工事の受注を持ちかけた。条件は「50万円」の袖の下。後日、市内の喫茶店で細川被告と再会し、賄賂として現金50万円を受け取ったとされる。

次ページ工事が始まる矢先、病院では別の職員による1億5千万円の公金着服疑惑が発覚

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ