「誰でもいいから刺そうと思った」逮捕の孫が供述 高齢夫婦ら3人死亡事件 神戸市

 神戸市北区有野町有野の無職、南部達夫さん(83)方などで16日早朝、高齢夫婦ら3人が死亡した事件で、逮捕された南部さんと同居する孫の無職、竹島叶実(かなみ)容疑者(26)が「自宅にあった包丁で、誰でもいいから刺してやろうと思った」と供述していることがわかった。

 16日午前6時20分ごろ、南部達夫さん(83)方から「誰か助けに来てくれ」と110番があり、兵庫県警有馬署員が駆けつけたところ、玄関先で南部さんが血を流して倒れており、後に死亡。室内では妻の観雪(みゆき)さん(83)の死亡が確認された。さらに約50メートル離れた駐車場で近くに住む無職、辻やゑ子さん(79)が死亡していたほか、路上などでも夫婦の娘(52)や近隣の無職の女性(65)が重傷を負っており、病院に搬送された。2人は命に別条ないという。

 約15分後、現場から約250メートル離れた有間神社で、血のついた包丁と金属バットを持った竹島容疑者を署員が発見し、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した。県警は有馬署に捜査本部を設置し、殺人容疑で竹島容疑者の逮捕状を請求する方針。

 県警によると、南部さん夫婦は娘、竹島容疑者との4人暮らし。

 近くに住む女性(65)は「パトカーのサイレンに気づいて飛び起きた。孫とは面識がないのでどんな人なのか知らないが、南部さんからは家族のトラブルのような話は聞いたことがない。なぜ事件が起きたのか分からないので怖い」と話した。

 現場は神戸電鉄三田線岡場駅の南約650メートルの住宅地。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ