「死んだ父親を押し入れに…」 新潟の市営住宅で白骨遺体

 17日正午ごろ、新潟市東区桃山町の市営住宅の押し入れの中で、毛布に包まれて白骨化した性別不明の遺体を新潟東署員らが見つけた。部屋に住む40代の男性は亡くなった父親だと話しており、同署が身元の確認を進めている。

 同署によると、体調不良を訴えた男性から119番通報があり、駆けつけた救急隊員が同居しているはずの70代の父親の居所を聞くと「数年前に病気で亡くなり、どうしていいか分からず押し入れに入れた」と話したという。

 同署は死因を調べるとともに、治療のため入院した男性の体調が回復次第、詳しく事情を聴く。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ