性的虐待背負ったネット中毒女「てるみん」 人間解体…猟奇シェアハウス殺人事件

【衝撃事件の核心】

 「涙も鼻水も止まりませんでした。途中から覚えていません」「好きでやったわけじゃないです」。静まり返った法廷で、女がすすり泣いた。大阪府門真市のマンションで平成27年、アルバイト店員の渡辺佐和子さん=当時(25)=の切断遺体が見つかった事件で、強盗殺人などの罪に問われた森島(長田に改姓)輝実被告(31)。殺害への関与は一貫して否認しながら、酸鼻を極める遺体損壊は認めるという不可解な展開となった。悲しい出来事ははじめからなかったことにする-。弁護側はむごい虐待を受けて育った被告の性格特性から弁論を試みたが…。

 「てるみん」と呼ばれて

 始まりは大阪府門真市のシェアハウス。27年8月、すでに男女4人が暮らしていたその部屋に、後から森島被告が引っ越してきた。「てるみん」と、あだ名で親しげに呼びかけてくれるルームメートの1人が、被害者の渡辺さんだった。

 被告は短期の派遣業務や風俗の仕事をすることもあったものの、定職には就いていなかった。借金もあった。

 「部屋にいることが多くて、あまり会わなかった」と、シェアハウスで同居していた男性は証人尋問で回想した。被告はネット中毒だった。被告人質問で「夕方から朝方まで、ネットをして過ごしていた」と答えた。

次ページ「ばれると思わなかった」。犯行手口は大胆そのものだ

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ