銀座7000万円強奪で逮捕の千葉県立高2年生は「報酬なし」? 大人に利用された「バイト」の罠

 【衝撃事件の核心】

 東京・銀座で今年4月、金塊取引直後の男性が襲われ、現金約7千万円の入ったバッグが奪われた事件が動いた。7月31日、警視庁は事件に関与したとして、強盗容疑で10~20代の男3人を逮捕。うち1人は高校2年の16歳の少年だったため、世間に衝撃を与えている。「カネになるバイトがある」。少年が犯行に加わるきっかけとなったのは、「知り合いの知り合い」の男からかかってきた1本の電話だった-。(社会部 緒方優子、安里洋輔)

カメラに少年

 事件は4月21日午後1時半ごろ、観光客らでにぎわう東京都中央区銀座の「すずらん通り」で起きた。

 被害者の男性(45)は近くの貴金属店で約15キロの金塊を換金し、現金約7千万円の入ったバッグを持って歩き出したところを、後ろから何者かに突然体当たりされた。男性は転倒し、近づいてきた別の男がバッグを強奪。もみ合いになり、小分けにされていた札束のいくつかが落ちたが、男は約4千万円が残ったバッグを持ち去り、もう1人の男が運転するバイクの後ろに乗って逃走した。

 警視庁のその後の捜査で、防犯カメラの映像などから事件に関わったとみられる3人が浮上。バイクで現金を持ち去ったのは、主犯とみられる元暴走族の20代の男2人。そして、男性に体当たりしたのは、千葉県の県立高校に通う16歳の少年だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ