ルパンさながらの鮮やかな手口 駅構内で盗まれた5千万円名画…利用客も気づかず

【衝撃事件の核心】

 大阪府枚方市の駅構内で展示中だった評価額5千万円の絵画が平成27年秋の深夜、怪盗ルパンさながらの大胆かつ鮮やかな手口で盗まれた。

 被害に遭ったのは兵庫県尼崎市出身の前衛画家、故白髪一雄氏(1924~2008)が描いた油絵。事件当時、被害は公表されず、通勤客らも気付くことはなかったが、水面下で捜査していた大阪府警は今年7月、窃盗容疑で主犯格とみられる自称古物商の山本数馬容疑者(63)ら男3人を逮捕したと発表。盗品を4500万円で買い取ったとして、会社役員の藤井賢子容疑者(63)も逮捕した。

 独特の画法で知られる白髪氏の作品は、特に海外で高く評価され、億単位で取引されるケースも珍しくない。今回の盗品も海外オークションへの出品の動きがあったが、結局は断念したのか、藤井容疑者宅から見つかった。

 ヘルメットかぶり堂々と

 3連休初日の深夜のことだった。

 捜査関係者によると、27年10月10日午後11時40分ごろ、一人の中年男が京阪電鉄枚方市駅(大阪府枚方市岡東町)に降り立った。東改札内の壁面に展示されていた絵画の前で足を止めると、おもむろに“作業”にとりかかった。

 額縁に入った絵画は壁にボルトで固定されていたが、男は手際よく緩めていく。周囲を行き交う駅の利用客らが疑って声を掛ける素振りは見られない。男はヘルメットをかぶり、工事業者にふんしていたからだ。絵画はほどなく、完全に取り外された。

次ページ男は持っていた布様のもので額縁ごと絵画を包み、何食わぬ顔で…

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ